>

必要な資金を用意してから行動する

信頼できる人にお願いしてみよう

周囲の信頼できる知り合いに、資金サポートしてもらえないか相談してください。
自分がこれから始めたい事業内容を伝えれば、貸してくれるかもしれません。
知り合いが嫌だと言ったら、その時点で諦めてください。
しつこく資金サポートするように迫ると、相手に迷惑を掛けます。
資金サポートが原因で、人間関係が壊れることがあるので注意してください。

まずは家族や親戚、それから親しい友人に相談すると良いですね。
いきなりかしてくれと言われても、即決できることではありません。
向こうが考える時間が欲しいといったら、少し待ってください。
もう答えは出たかと、催促するようなマネはいけません。
こちらは資金を借りる側なので、ワガママを言わないでください・

必ず作成しておくもの

知り合いが資金を貸してくれる場合は、いつ返すか決めると思います。
口約束にならないよう、誓約書を必ず作成してください。
それを見ればいつまでに、どのくらい返せば良いのかすぐにわかります。
きちんと返済が終わったのに、まだ返してもらっていない、足りないと相手が文句を言うかもしれません。
親しい関係の知り合いでも、金銭が絡むと豹変することがあります。

決めたことは全て、誓約書に記載してください。
お互いがそれを持っていることで、万が一の事態が起こった時の証拠になります。
返済が終わるまで、誓約書を失くしてはいけません。
また相手は、返済はいつでも良いと言うかもしれません。
ですが言葉に甘えて、ダラダラと返済しないですぐに返しましょう。


この記事をシェアする

トップへ